ファクトリーアンロック?

iPhoneのSIMロック解除には、いくつか方法があります。

iPhoneのSIMロック解除には、いくつか方法があります。

1.脱獄(JB、ジェルブレイク)、2.SIM下駄を使う、3.ファクトリーアンロック

弊社スタッフの数名はこれら全て試し、結果として「3.ファクトリーアンロック」が選択肢の1番にくると話しています。

皆様は、「ファクトリーアンロックは、正直高いよ。でも他がね…。」と思われていることかと思います。

弊社スタッフは、JBの知識ゼロでSIM下駄を使うのも初めてだったのです。今悩んでいるんだけど、どうしようとお悩みの方のために、我々の経験を元に3つを比較検討してみましょう!

1.脱獄

細かく説明すると日が暮れるので、ここでは解説しません。…が、金銭面の投資はゼロです!

特定のソフト入れ、手順に沿って行い…、それで完了なんです。あら、簡単w

ただし、このソフトで気をつけなければならない点は非常に多く(それはどれも同じですね)、間違えれば一発で文鎮化してしまうケースもあります。

文鎮化とは、何をしても動かなくなる状態をいいます。こうなると…、ちょっと「やばい」です。

携帯電話の中身を形成するものが何か、準備するソフトの操作方法、どのファイルが必要なのか…、などなど、知識がないと「ネットに沢山ある情報」から正しい情報を取捨選択しなければなりません。

筆者も初めてJBを試すのに、比較的知識はありましたが、JBにたどり着くのに結構時間がかかりました。

昔に比べ、かなりJBも「やりやすく簡単になった」と言われますが、それでも敷居は高いです。

また、JB後使用中も「若干気をつけて」使う必要もあり、セキュリティ面も弱くなり、「半分裸で歩いているようなもの」と言われています。(合っているのかこの説明は…。)

筆者自身も、以前に3GSと4でJBを試しましたが、iOSのバージョンアップなどが面倒であること、知識がないので何かと調べる事項が増える…、結構しんどい思いをしました。

2.SIM下駄

SIM下駄とは、端末のSIMトレイにSIM本体とロック解除してくれる基盤を一緒にして装着する方法です。

一緒に入れる=SIMがに下駄をはかせる、そんなところでしょうか。

Amazonなどで「SIM下駄」で検索すれば、中華系の商品が沢山出てきます。(ついでに、怪しい店舗もたくさん…。)

R-SIMと言えば、SIM下駄を一度は検討された方は、聞いたことのある名前だと思います。

お値段としては、機種にもよりますが、600円~1500円といったところでしょう。

時間もない、でもお金をかけたくない! そんな方は、これくらいの値段であれば、「失敗してもいいか」で買える程度の値段だと思います。

SIM下駄は、最初の第一歩、「刺して、電源を入れて、セットアップ」までの手順は多くの方が公開しているので、知識がなくても安心して進めることはできるでしょう。

SIM下駄を問題なく使っている人が聞けば怒るかもしれませんが、私の経験則と周囲(特に下駄販売業者からのお声)も含めるとマイナスも多いのは確かです。

iOSのバージョンアップに(一応は)対応はしているものの、製造元が1回買ったらずっと使えるものを作るわけがなく…、また購入する…ことになる可能性もあります。

また4Gでの安定は非常に難しく、3Gでも機種によっては非常に不安定になったり、突然切れてしまい、再設定し直さなければならないケースもあります。

そこに気を配り、時間をかけれる人はそれでも良いですが、習得すべき手順や知識は、JGと比べれば少ないですが、情報収集は日頃からちょっとしておかなければなりません。

筆者自身も、日本国内で6にSIM下駄をはかせて使いましたが、やはりネットは非常に不安定で、余計な電力をつかうのか(分かりませんが)、電池の減りは少し早くなっていました。

何よりも、再設定する際はそのキャリアの電波を拾う前提なので、海外にいると再設定が起きるとやや面倒になります。

海外は抜きにして、日本で使われるのであえばOKですが、それでもストレスが多いかなとも思います。

3.ファクトリーアンロック

弊社のサイトをお読みください。w この3つでは、一番高いです。 それだけのコストを古い端末にお金をかけて、本当にSIMロック解除されるのかも見えないので分からないし、不安…。

それを払しょくするために、弊社は立ち上がったのです!w

このサービスに関する説明も、正直(皆様が面倒になるくらいw)注意点が多いです。ただただ、皆様に対して誤解を招きたくない、高価なサービスなのでちゃんと分かってもらってお申込んでもらいたい…、そんな思いがあり、長文になっています。(この記事も長いですね。)

しかし!「クリーンな端末」でお申込頂き、SIMロック解除後も「床やトイレに落とすことなく、できる限り壊すことなく使えば」、上2つのような不安や懸念もなく、ストレスフリーでお使い頂けます!

4. 要はどのリスクを受け入れるのか…では?

簡単に言えば、

設定時の文鎮化、ソフトの問題を解決する知識の習得に時間をかけるリスク…なのか、
接続が不安定で、それでなくても電池を食うのにさらに食われ、突然切れてしまうリスク…なのか、
解除作業の内容もみえないのに値段は高い…リスクなのか、

SIMロック解除を検討しているのであれば、どれかのリスクを背負わなければなりません。

しかし裏を返せば、自分は、どれを選べば「余計な精神的ストレスを少なくして、快適につかえるのか」だと思います!

5. 比較とまとめ

この3つを表にまとめてみました。

             金銭コスト   習得コスト   管理コスト
ジェルブレイク        無       劇高       高
SIM下駄            低      中ー高       中
ファクトリーアンロック    劇高      無 -低       低

先日ご相談を受けた内容で、「使わなくなった端末を母に私そうとSIM下駄をはかせ渡したのですが、電波も電池の持ちも不安定で…」という声が届きました。

これまでの経験則からいくと、自分専用で「JBや下駄のように、ごにょごにょするのが好き!」という人は、弊社のサービスには(めっさ高いので)嫌悪感をもつでしょう。W

でも周囲の人(ご両親、奥様、兄弟や恋人など、特に女性の方)へ渡す際は、どうしてもJBや下駄だと「何か起きた時の見極め」も難しくなります。 その場合、端末の代替えも必要になります…。

以上、3つの比較をご覧頂き、より安定した環境でお使いになりたい場合は、是非一度弊社のサービスをご検討下さい。

弊社は、代理店として各業者との関係を良好に保ち、皆様にとって良心的なお値段でSIMロック解除サービスを提供するよう心掛けてまいります。

ご質問やお問い合わせは、「お問合せ」からお送り下さい。